精油について


こちらでは、フランスで用いられるアロマテラピーの情報をベースに精油について簡単にご紹介しています。

アロマテラピーに用いる精油は 100%自然由来で水蒸気蒸留により得られたままの純粋なもの、成分を加えたり除去したりしていないものであることが前提です。(局方の精油と異なります。)


日本で市販されている精油は雑貨扱いであり、皮膚に塗布したり飲用する目的で販売することはできません。

しかし個人使用・セルフケアのためにフランスのアロマテラピーの情報は大いに役立つでしょう。


精油を使用の際はそれぞれの含有成分の化学的な知識や注意すべき点や禁忌を理解した上で使用することが必要です。薬剤師がしっかり学び、生活に役立つアロマテラピーを安全に行えるようにしましょう。

 

ここに載せている精油についての情報はほんの一部になります。ご参考までにご覧ください。

水蒸気蒸留の精油以外に果皮圧搾のエッセンスも記載しています。


参考文献

 

Michel Faucon ; Traité d'aromathérapie scientifique et médicale, Édition Sang de la Terre, 2015.

A. Zhiri, D. Baudoux, M.L. Breda ; Huilles essentielles chémotypées, J.O.M, (発行年不明).