ハイビスカス Hibiscus sabdariffa

科名:アオイ科

使用部位:萼

植物酸を多く含みエネルギー代謝を促進し疲労回復に役立つ。また利尿作用もありむくみや二日酔いの際にも。

バジル Ocimum basilicum

科名:シソ科

使用部位:葉・花

消化器系の不調や神経症などに用いられる。全身の強壮作用がある。

バーチ Betula pendula

科名:カバノキ科

使用部位:葉

利尿・浄血作用があり春季療法に用いられる。

ヨーロッパでは樹液の健康飲料が売られている。

パッションフラワー Passiflora incarnata

科名:トケイソウ科

使用部位:地上部

鎮静作用、鎮痙作用、鎮痛作用で知られる。不安、神経症や不眠、消化器系の痙攣に対して用いられている。

バードック Arctim lappa

科名:キク科

使用部位:葉・根・種子

和名ゴボウ。浄血、解毒作用や血糖値降下作用などが知られている。

ハマメリス Hamamelis virginiana

科名:マンサク科

使用部位:葉・樹皮

タンニンを多く含み収斂作用がある。毛細血管を保護する作用もあり、静脈瘤や痔などにも用いられる。

バレリアン Valeriana officinalis

科名:オミナエシ科

使用部位:根茎・根毛

鎮静作用、鎮痙作用が知られている。神経性の睡眠障害に用いられる。不安や緊張を緩和するのにも役立つ。

ヒース Calluna vulgaris

科名:ツツジ科

使用部位:花

アルブチンが含まれ利尿作用や泌尿器系の抗感染作用がある。主に泌尿器系のトラブルに用いられる。抗炎症作用、収斂作用も知られる。

ビルベリー Vaccinium myrtillus

科名:ツツジ科

使用部位:葉・実

葉はタンニンやフラボノイド、実はアントシアニンが豊富に含まれる。殺菌、収斂作用や毛細血管を保護する作用が知られている。

フィーバーフュー Tanacetum parthenium

科名:ナツシロギク

使用部位:地上部

血管拡張作用、消炎・鎮痛作用があり偏頭痛や関節炎などに用いられる。

フェンネル Foeniculum vulgare

科名:セリ科

使用部位:種子・根

消化器系のトラブルや妊娠による胃の不調に用いられる。また去痰作用もあり気管支炎などにも用いられる。

ブラックコホシュ Cimicifuga racemosa

科名:キンポウゲ科

使用部位:根・根茎

ホルモン分泌作用、フィトエストロゲン作用により更年期や月経のトラブルに用いられる。

ペパーミント Mentha × piperita

科名:シソ科

使用部位:葉

鎮痙作用、胆汁分泌促進作用、また刺激と鎮静作用の両方を持つ。

消化不良や吐き気、風邪やインフルエンザの際にも用いられる。

ホーステール(スギナ) Equisetum arvense

科名:トクサ科

使用部位:地上部

ミネラル類を豊富に含む。ケイ素を多く含み骨粗鬆症の予防や皮膚、爪、髪の毛の強化に役立つ。

ホーソン Crataegus laevigata

科名:バラ科

使用部位:花・葉・実

血行促進、利尿作用。心臓疾患のある場合は自己使用不可。医師の判断、処方が必要。

ホップ Humulus lupulus

科名:アサ科

使用部位:毬花

鎮静作用知られストレス性の消化トラブルなどに用いられる。エストロゲン類似物質も含み更年期のトラブルなどにも用いられる。

マカ Lepidium meyenii 

科名:アブラナ科

使用部位:塊茎

身体的強壮作用、性的強壮作用で知られる。更年期のホットフラッシュやイライラなどのトラブルにも用いられる。

マテ Ilex paraguariensis

科名:モチノキ科

使用部位:葉

新陳代謝の促進、血管拡張作用、強壮・刺激作用等が知られる。

マーシュマロウ Althaea officinalis

科名:アオイ科

使用部位:根・葉

粘液質を多く含み粘膜を保護することで消化管や呼吸器系の不調に用いられる。便秘や下痢などの腸のトラブルにも用いられる。

マリアアザミ Sylibum marianum

科名:キク科

使用部位:種子・葉

肝臓にのためのハーブとして、また止血作用や血圧降下作用も知られている。

マルベリー Morus alba

科名:クワ科

使用部位:葉

血糖値の上昇を抑えることで知られ、糖尿病の予防や肥満対策に用いられる。

マロニエ Aeculus hippocastanum

科名:トチノキ科

使用部位:実・樹皮

静脈循環の強壮作用、うっ血除去作用、抗炎症作用等が知られる。痔に用いられている。

メリッサ Melissa Officinalis

科名:シソ科

使用部位:葉

鎮静作用、鎮痙作用、駆風作用等でストレス性の胃腸トラブルに使用される。